岩手県 テレビ 放送網

岩手県はテレビの放送網がほぼ完備されている※他の東北県は?

岩手県はテレビの放送網がほぼ完備されている

岩手県はテレビの放送網が完備されています。

民放については日本テレビ系列、テレビ朝日系列、TBS系列、フジテレビ系列と揃っています。

 

こちらは地上波の4大民放でありテレビ東京系列は特殊で東北地域では放送されていません。東北最大の自治体である宮城県(仙台市)でも4大民放のみとなっています。

 

ちなみに北海道ではなぜかテレビ東京系列が放送されているんですね。ですから電波が届かないとかそういう話ではなさそうです笑。

 

東北では青森と秋田が民放3局である

岩手県は民放4局が完備されていると言いましたがお隣の青森県と秋田県は実は民放は3局しか映りません。

 

青森県に関しては日本テレビ系列、テレビ朝日系列、TBS系列が見られます。

 

秋田県に関しては日本テレビ系列、テレビ朝日系列、フジテレビ系列が見られるといった形になっています。

 

そういった意味では岩手県はテレビ東京系列が映らないのですが東北では恵まれたテレビ環境だと思います。

 

やはりテレビを見る場合はNHKに受信料を払わないといけません。民放はお金が掛からないものの自宅にテレビがある時点で受信料は強制的に徴収される仕組みとなっていますのでどうしても民放を見るにはNHKにお金を払う必要が出てくるんですね。

 

同じ受信料でも全国では民放が1局しか無い地域もあります。徳島と佐賀ですね。

 

ただこちらはケーブルテレビや他の地域の放送を受信できたりと多くのチャンネルが見られるということです。

 

東北の場合はケーブルテレビが少なく他の地域の放送も受信しにくい特徴があるので割り当てられた放送局しか基本見ることができないのが普通です。

 

岩手県でテレビ東京系列が加わるのは無理なのか?

岩手県の方でテレビ東京系列の番組も見たいという方はいらっしゃるでしょう。

 

しかし今後岩手県でテレビ東京系列が加わるということはまずあり得ない話だと思います。

 

その理由としては資本的な問題があるでしょう。5大放送局の中でテレビ東京は最も資本力が弱く全国的にも最も放送地域が少ない局です。

 

また岩手県だけではありませんが東北の自治体は人口の減少が止まらず地元資本も弱る一方です。こういった状況で放送局が更に増えるということはないでしょう。

 

1980年までは地方では民放2局までという規制がありました。その後規制緩和されて放送局が増えて岩手県も現在は4局あります。

 

ただ時代背景としては80年代の日本は高度成長が終わって、更にバブルへと向かっていく途上であり、自治体の資本力も強かったと言えるでしょう。

 

そういった背景もあって民放が2局から4局、5局と増えていったのです。

 

その時代に比べて今はどうでしょうか?少子高齢化、地方自治体の消滅危機などとてもテレビ局が増える時代ではありませんよね?

 

今後は放送局が減る時代だ!?

東北では今後はテレビ局が減る可能性はあるでしょう。

 

本体のテレビ局でさえテレビ事業自体ではすでに儲かっていない時代ですから地方の放送局は倒産する可能性も指摘されています。

 

そうなれば東北各県でも放送局が減る可能性も無くはありません。テレビを見なくなってきていることもあって無くなっても困らないのが今の若い世代でしょう。

 

今の年配の世代がいなくなればほぼ日本のテレビ局は必要ないものとなるかもしれませんよね。だって誰も見ていないし、今でさえ広告収入減っていてテレビ局本社が儲かっていないのですから。

 

存在可能とはとても思えません。従って岩手県で4大放送局を見られるのは「今だけ」という可能性も当然に否定できないのです。

 

テレビなんて見なくて死なないからね

まあハッキリ言ってテレビなんて見なくても死にませんよね。死ぬわけがないんです。

 

東北は遊ぶところが少ないと言ってもテレビを見ても面白いことは何もありませんし、増々視聴する人は減っていくでしょう。

 

今日はテレビを見てみましたがサウジアラビアのカショギ氏の問題がどうたらこうたらという話や芸能人の離婚問題など私達の生活には余り関係なそうなことを延々にやっていました。

 

大事な問題もあるのかもしれませんがどうも直接的には関係がなく、専門家がテレビに出たいだけ、タレントがわーわー言ってテレビで稼ぎたいだけのように思えます。

 

それならテレビを消してインターネットでお気に入りのチャンネルを見た方がマシだし、自分の考え方に合った話を聞けるなと思いました。

 

テレビは押し付けがましい意見が多く、「俺が正しい、俺が詳しい」みたいな人ばかり出てきて金輪際見たくないなと思うものです。

 

当サイトは以下のサイトによって運営されています。

 

車買取 岩手


ホーム RSS購読 サイトマップ